2017年8月21日

インタビュ(1)

アート本「mograg 04」に掲載された市場インタビュ(2012年頃)

■あなたについて
> Q1.アーティスト活動をするきっかけ、いきさつを教えてください。

市場:80年代末期、気付いたら勝手に始まっていた。

> Q2.あなたの作品及び創作のテーマはなんですか?

市場:私の中のDNAが勝手にやってるので分かりません。でも多分、混沌だと思う。

> Q3.作品制作のプロセスを教えてください。

市場:ぼんやりとした構図を鉛筆で描き、女の顔を何度も描き直し、それが出来たらあとは完全自由コーナー。

> Q4.影響を受けた、もしくは注目しているアーティストを教えてください。

市場:粟津潔、ジョージ秋山、ムンク

> Q5.今後チャレンジしてみたいプロジェクトを教えてください。

市場:このままやって行くこと自体。

> Q6.この世界は素晴らしいなと思うこと、またクソだなと思うことはそれぞれなんですか?

市場:何事も両方同時に起きるからね、分けらんないね。

> Q7.あなたにとってアートとは?

市場:さあ。

> ■日本について
> Q8.今回のテーマ“日本”はどのような意図で制作しましたか?

市場:私は日本人なので、思いのまま描けばええと思いました。いつもそうしてます。

> Q9.日本とはどういう国だと考えますか。

市場:ご覧の通りです。

> Q10.「日本は○○で世界○位」というフレーズを考えてみてください。

市場:日本は国旗デザインで世界1位

> Q.今回、本誌では特集としてLe Dernier
> Criのパキト・ボリノ氏にインタビューしているのですが、市場さんともゆかりの深い彼との出会いや、彼はどんな人物かについてお教えください。

市場:見る前に跳べ、てのを実行してる男。風貌はデビル、肉しか食わず、ド級のキチガイアートブルドーザー、て感じ。でも細かい心遣いもするんだよねパキート。私にとっては地獄の兄弟です。

> Q.市場さんの作品には、ご自身でも美人画家を名乗られているとおり、特徴的な女性が多く登場しますが、何かモデルとなる女性やきっかけとなる体験などはありますか?また、美人画を描く際にこだわる部分はどこですか?

市場:女を描くのは8歳のときに母親が死んだのが影響してると思う。基本的に俺は考えて描いてないからね、もう描くこと決まってるていうか、自動書記に近い。美人画家と名乗ってるのはふざけてるだけ。

> Q.ちなみに去年の3.11の震災はご自身や作品になにか影響がありましたか?

市場:影響はないです。だってアレ(一寸先は闇)を描いてるんだもん。それより買い溜めしてるババアを見てげんなり。目の前のめし食うて自分だけ助かってどうすんだ?早かれ遅かれ100%死ぬのに。

> Q.女性の身体で特に魅力的に感じる部位はどこですか?フェチでもいいのですが(笑)

市場:部位ていうか、でかい女が好きなんだよね。中学のときバレーやってました、みたいな。でも最近は女性から受け取る(教えられる)、といったことが多いです。上唇のめくれ上がり方が素晴らしい、とか、歯が小さくて並びがいい、とか。少しX脚やO脚がかって歩いてる姿とか、肌が黄金に光って見える娘とかね。

おわり

2017年8月15日

エスカレートさせるのは構わんが

・今年もバイク旅へ。今年のルート、東京~浜松~長野~東京の2泊3日。初日から雨が降りクソ腹立つが、富士山手前位から天気回復した。途中のコンビニの横でカップヌードル大盛りを食うておったら喫煙場に3人の30代ぐらいの男たち。そこへ3歳ぐらいの男の子がパンダのぬいぐるみのしっぽを指でプルプル触りながら登場。男たちの一人が「何触ってるの?しっぽ?しっぽ?ちんこかな?ちんこちんこ?まんこ?」と言うた。誰も笑ってないし、ギャグをエスカレートさせるのは構わんが、最後まで行ってしまうことの躊躇なさに私は気分がガック~ンてなった。
アンドーは相変わらず。日本酒1本空けてしもたが途中ウコンドリンク飲んだので翌日なんとか持ちこたえ。
152で長野へ向かうも3時間ぐらいコンビニ&ガソリンスタンドが無いので遭難するかと思うたらやっとコンビニ発見。体中に嬉しさが充満。大きな休憩室もあり良い感じ。ミニカップそば買うてお湯を入れ、アンドーの嫁がくれたおにぎり食おうと思い、カップそばの蓋引きはがした。なんと、お湯がまだ沸騰しておらなかったようですっごい温いの。麺なんかガチガチのまま。こんな不味いの食えるか!とレジ見習い風の若者の急所に掌底をかまそうと思うたが、沸騰確認しなかった私のミスである。ので、泣きながらその不味い汁をすすった。私は米を食う時は汁ものが無いとダメなので尚更悲し。その後もスタンド無いような道なので心配だったが小さな個人経営のようなスタンドあり、すかさずバイク停めた。箱みたいな事務室に人がおらん。15秒ぐらいすると道を挟んだ向かいの家から30代くらいの女性が小走りに。「この先スタンドありますか?この道ずっとなんもないから不安で」言うとすかさず「無いです」「え?そうなの、良かった~。じゃお願いします」つうことで入れてもらい1時間ぐらい走るとスタンド2件あった。
長野の知り合いは10年ぶりに会うたのだがほとんど変わってなかった。私の話にいちいちウケてくれるし興味深く聞いてくれる。私にとってこの世で一番気持ちよく話が出来る人だと改めて思うた。
バイク旅してて最近思うのだが、以前に比べ断然「シンデイタ(路上の動物死体)」が少なくなったのはなんで?
・Tシャツ発送の為郵便局へ。何度も通っておるので局員に顔覚えられ小さな挨拶を交わすようになったのだが、ついに言われてしまった「その着てらっしゃるTシャツカッコいいですね~」。「あ、え、これですか、あ、ええ、はあ、」「セレクトショップか何かでお買いになったんですか」「ええ、ああ、ええ、まあ」といった返事にもならん返事するしかない。「あ、これ私が描いたんですよ、はは。それで通販でも売ってて、褒めてくれてありがっと!」とか言えればええのだが、私は正体がばれるのが嫌なのだ。表面的には「あ、そうなんですか、いいですね。ガンバってください」とか言うのだろうが、後でネット検索して「うわ、キチガイじゃんこいつ」と思うんだって!考えすぎ?いや、俺が局員だったらそう思うからねけけけ

2017年7月15日

ご当地袋ラーメン

娘を保育園へ預け買い出し。普段使うリュックのチャクが破損したので何か買おう思うてネットで探すも、実物見ないと使い勝手分からんので近所の百貨店へ。外のポケットが小さいのばかりで好みのが無い。昼飯用にご当地袋ラーメンシリーズのホープ軒買うたがあまり旨くなかった。でかいリサイクルショップでリュック探したがええの無し。やっぱネットで探すか。以前使うておったブツに対してそれほど愛着は無かったのだが、失ってみて使い勝手が良かったんだなあ、と今更感ずる。人は失った時にしかそれが分からない。古いモデルなので同じメーカではもう作ってないようだ。ていうかもう何日も探しておることにうんざりしてきたので、スーパーのビニール袋でいいか、とも。猛暑の中、窓を開け放ってみたら意外と過ごせたのでエアコンなしで1枚描く。娘を迎えに行く前にもう一度バッグ探しに行ったらスポーツ用品を扱う大きな店があった。こんな店あるの知らんかった。迎えの時間が迫ってたのでじっくり見れなかったが、やっぱ好みの無い。電動自転車で保育園へ向かったが30分近くも早く着いてしまった。ので、木陰の歩道の自転車上にてぼ~~~っとしておった。俺はいつもそうだ、意味無く早く着いてこういう状態になる。遅刻してバタバタするのが嫌なのだが、早く着いてぼ~っとしてるんだったらギリギリに来たほうがまだいいのでは?いやしかし、など考える。まったくもって馬鹿のごとし。待つておるのも面倒なので15分早く保育園へ行くと娘がおらん。二階にいると言われ行くと大きな踊り場の隅に青白い顔をした幼女が一人座り込んでおった。一時保育の子はここにおらん、三階では?言われ行くとエレベータ前のスペースで娘が積木をしておった。いきなり私が現れたのでビックリしてた。