2015年6月14日

要領を得ない返事

・ヘドロメルヘン3のジャケット作業完了。今までで一番分かりやすいジャケット&一番分かりづらい中身。スタジオ盤&ライブオーバーダブの2枚組。はやければ今月末には発売ばい。
・9月開催「胃画廊展2」の段取り少しづつ始める。
・オックからキョンキョンのコンサートチケットを貰う。そして吉田氏からパフュームのチケット貰う。見るとどちらも開催が同じ日。どっちに行こうかなと悩む俺(この時点でどうかしてる)。結局パフュームに行くと関係者席のようなステージの裏の席だった。のっちのパンチラなどが見えたのでカメラを動画に切り替えているうちに彼女らはステージに降りて行って見えなくなった。少しして外に出て戻って来たら会場の中がいくつもの区切られたBARになっておりパフュームはどこにもいない。外人ばかりの客の中に日系ぽいのがいたので「出口どこ?」と話しかけると要領を得ない返事ばかり。彼の唇の半分が切れて垂れ下がっておった。やっと外へ出ると新宿の街は草や土の道、水たまり。という夢をみた

2015年6月13日

右手の遊泳がデフォルト

・以前『毎日のお買い物が3%引に』というカードを作った際に受付してくれたメガネ女子(20代前半)が気になっておったので何とか存在をアピールしたい思うたが意味も無くカードカウンターへ行く訳にもいかん。などしていたら日用雑貨レジのサポートしている彼女を発見。すかさず紙おむつ持ってレジへ行き「袋入れますか?」というメインレジのBBAには目もくれず「テープでいいですか?」と聞くメガネ女子のセリフに対し「はい。あ、あれっ?あなたカードの人だよね、あのあの、ど、どこかで見た事あるなあ、なんて思って。ふ~ん、レ、レジもやるんだ?へ~…」その間彼女は1秒愛想笑いを浮かべただけで思いっきり無言。メインレジのBBAが「ふふふふっ」と笑うた。私の熱は急激に冷めて行ったのであった。乳母車押して何やっとるんだ。
・部屋でPCやっておると外からおばさんの困った声が。耳を澄ますと大家さん(じじい)が娘に叱られておる様子。何を怒っておるのか分からんが「今日土曜だよ、何やってるのもう~、月水金もあるんだよ、いい加減にしてよもう~」などのセリフ。その間大家さん(じじい)はヘラヘラ笑うているのみ。いつも愛想のいい大家さん(じじい)だと思ておったがこれはもう手遅れかもしれん。
・ニュースステションの特集で盲目のテノール歌手新垣勉て人が歌っておった。私はその歌声を聴き脳天にじんわりくるものがあった。なんとまあ生粋の「うた」という感じ。混じり気のない元々の基本というか源水というか。私などから一番遠い場所にあるナニ。個性を完全に削り落として絵なら絵そのものを見せられた感じ。俺は人が腐ってゆく様、怪物、うつろな女、血だまり、など勝手に描く右手の遊泳がデフォルトなのだが、最終的には彼のような「うた(絵)」を描きたいと思うている。(無理だろ)

2015年6月10日

外人に頼まれた蛸

・市場Tシャツのデザインやるも、またまた決められず。10種類ほど絞り出したのだがダメだ。とにかく酷いのを、て考えが邪魔してるのだろうか。
・近所に角刈りのおばさんが住んでおり、いつも道路の端に座っている。乳母車を押しておるときにふと顔が合ったので挨拶してしまった。いつも「なんなんだあの髪型」とか思うているので少し申し訳ない気持ちに。
・最近は脳味噌がポンコツ度を増してきて、とにかくぼんやりしておる。
・外人に頼まれた蛸&真空管の絵というのを描いたのだが、やはり縛りがある絵はつらい。俺には合わん。
・夜家に戻ると隣の奥さんが洗濯機にいたので「子供の泣き声やら五月蝿くてすいません」と挨拶すると「ちょっとまってて」と言って家に入り何故かバームクーヘンくれた。女性の思考回路はいまだわからん。
・うちの娘は何かに夢中になるとヨダレたらす。
・特に出来事もないのに無理やり書く、てのを今回やってみたがほんと馬鹿みたい。

2015年6月2日

母国の女性が頑張ってる

・フィリピン個展のきっかけを作ってくれたアルバート達が東京へ来たので高円寺改札で待ち合わせするもフィリピン時間(とにかく自由度が高い)なのかなんなのか全然現れない。40分ぐらい待ってもう帰ろうか思うてたら現れた。聞くと2,30分前にタクシーで着いてて駅の隣の広場でうろうろしておったらしい。東京2回目でしょ?何やっとるんだ、思うたら初めてだったみたい。私の記憶違いであった。そのあと焼き鳥屋で食うたのだが、向かいのフィリピンパブが休みだった。超ミニワンピース姿の母国の女性が頑張ってる姿見せたかった。
・ヘドロメルヘン2枚組アルバムのライブOD盤の編集も終わりジャケット編集に移ったのだが、ああでもないこうでもないと、さっぱりええ感じに進まず全然ダメ。次回に持ち越し。ヘドロ2のオマケカードに使った我が娘の画像を見て「なんだこれ?ブスだなあ」思うた。当時はなんて可愛いんだろう、とニヤニヤしてたのに。やっぱり今が一番かわいい。
・二日酔いで週一の外仕事休む。
・「宅間守精神鑑定書」毎日キンキンに脳味噌張りつめて暮らしておたのが分かる1冊。持って生まれた気質は当人もコントロール出来んのだろうな。今は可愛らしくて穏やかな真人間の私も若いころはただのキチガイだったもんね。
・図書館に行くとお気に入りの受付けメガネ女子の化粧がいつもより濃かった。「きみきみ、君みたいタイプはね絶対化粧薄い方がいいんだって!」と心の中で個人勧告。日曜なので来館者が多いからはりきって濃くしたのだろうか。人の多さと化粧の濃さは関係なかぞ。